アカウント管理: 管理者向け

使用状況レポート


2023 年 2 月以降、使用状況レポートは、シートと Flex の両方の使用状況レポートを統合したものになります。フィルタを使用すると、レポートに表示する製品とタイムフレームを選択できます。

 

この情報を使用することにより、管理者はシートの割り当てを最適化し、コレクション、個別製品、不定期に使用する Flex の購入意思決定に役立てることができます。 使用状況レポートは、シングルユーザー アクセスの製品でのみ使用できます。また、インターネットに接続されているユーザのアクティビティのみを測定できます。

 

 

:データはオートデスクの個人情報保護の原則によって保護されており、その収集の目的に限って使用されます。詳細については、「オートデスク プライバシー ステートメント」(英語)を参照してください。


使用状況レポートを確認するには

  1. manage.autodesk.com (英語)から Autodesk Account にサインインします。
  2. [レポート] > [使用状況レポート]を選択します。
  3. 特定の製品、アクセス、アクティビティ、割り当てのデータを表示する場合は、フィルタを設定して[適用]をクリックします。

チームの個人データ(PII)を[オン]に設定している場合は、ユーザー名が表示されます。1 つまたは複数のチームに対して個人データが[オフ]になっている場合は、すべてのチームに対してハッシュ化されたデータ値が表示されます。


使用状況レポートのデータを書き出すには

チームの使用状況レポートのデータに対して、現在のフィルタと日付範囲を使用してスプレッドシートをダウンロードできます。

  1. manage.autodesk.com (英語)から Autodesk Account にサインインします。  
  2. [レポート] > [使用状況レポート]を選択します。
  3. [書き出し]をクリックしてファイルを生成します。
  4. [書き出し]ページの[書き出し履歴]で、ステータスが「使用可能」になったら、[ダウンロード]をクリックします。

サポートが必要な場合は、Autodesk Assistant にお問い合わせください!

Assistant が回答を見つけたり、担当者に連絡するお手伝いをします。


オートデスクではどのようなサポートが提供されますか?

ご利用可能なサポートの種類は、サブスクリプションのプランによって異なります。現在のプランでご利用可能なサポート レベルをご確認ください。

サポート レベルを確認