Autodesk Forma:計画段階での適切な意思決定がこれまでになく簡単に

AEC Collection の一部として、またはスタンドアロン サブスクリプションで提供されています。

Autodesk Forma の特長

データに基づく建築設計

風、太陽エネルギー、昼光、エンボディド カーボンなど、さまざまな解析をリアルタイムで実行して、設計品質を改善します。

貴重な時間を有効に利用

自動化やコンテキスト データを活用して、複雑な 3D 設計コンセプトを短時間でモデル化できます。

概略設計ワークフローを向上

Forma をすばやく利用開始し、Revit、Rhino、Dynamo の統合を使用して詳細設計にスムーズに移行できます。

Forma の最新記事とニュース

ブログ

Autodesk Forma と Revit のパワーを融合

相互運用性によって、概念設計スタディのパフォーマンスを最大限に高めることができます。 


ブログ

Forma の新しいエンボディド カーボン解析

設計の初期段階の決定における炭素の影響を簡単に把握できます。


ブログ

フレキシブルな住宅ツールの導入

Forma の住宅ツールを使用すると、低密度の集合住宅をどのように合理的に構想できるかを説明します。


Forma、Revit、Insight での炭素解析(ビデオ:4 分 27 秒 英語)

サステイナビリティをビジネスの推進要因にする

広範な分野に対応した環境影響解析機能を使用して、サステイナビリティ リーダー企業となり、顧客やステークホルダーの環境や生活の質に対する期待をより的確に満たすことができます。

チュートリアル:Autodesk Forma で解析と視覚的な比較を実行する(ビデオ:6 分 10 秒 英語)

わずか数時間で Forma を利用開始

Forma は、技術的経験を問わずに簡単に使用できます。専用ヘルプ センター記事、定期的なウェビナー、学習リソース、アクティブなコミュニティを利用して、自分に合った方法で学習できます。

Autodesk Forma でできること

現況のデータを用いて地理的位置を含んだプロジェクトをセットアップ

関連するコンテキスト データを用いて地理的位置を含んだプロジェクトを作成し、新しい BIM プロジェクトのローンチ パッドとして使用します。 

 


キャパシティ調査の初期コンセプトを作成

初期のマス スタディを実施して要件への準拠を評価し、その情報を設計プロセスに活用します。 

 


建築パフォーマンスを評価、比較

建築パフォーマンスと環境の品質を評価します。設計の代替案を比較し、情報に基づいた決定を行うことができます。 

 


ドキュメントのインサイトと指標

事前設計プロセスで得られた主要な指標やプロジェクトのインサイトをドキュメント化し、クライアントへの初期設計の提出をサポートします。 

 


既存の概略設計ワークフローに Forma を統合

Forma データを Revit に読み込んで Revit での変更を反映させ、Forma プロジェクトを更新

Dynamo プレイヤー拡張機能を使用して設計をパワーアップ

Rhino から Forma へのジオメトリ直接同期

AEC Collection で Autodesk Forma をお得に利用*

AEC Collection は、CAD/BIM/クラウド ソフトウェアを搭載した、設計・施工・製造向けのコスト効率に優れたソフトウェア パッケージです。Forma、Revit、AutoCAD をはじめとするさまざまなソフトウェアを搭載。各製品を単体購入するよりもお得な価格で幅広い機能をご利用いただけます。

*含まれる製品を個別に購入する場合と比較

AEC Collection には次のものが含まれます。


AEC Collection に搭載:パワフルな Forma をご紹介

ビデオ:Revit で Forma アドインを使用する

BIM をデータ駆動型の設計に接続

Forma と Revit、クラウドとデスクトップの間で設計ワークフローを相互に連携させ、作業データをやり取りすることができます。

ビデオ:Autodesk Forma を使用して用地の調査を改善する方法のデモ

革新的な用地計画テクノロジー

リアルタイムの解析と設計ツールですばやく用地を調査。さらなる受注獲得につながります。

API と拡張機能で Autodesk Forma をさらに活用

独自の拡張機能を作成したり、拡大し続けるサードパーティの拡張機能ライブラリを使用したりして、Forma をカスタマイズできます。

Autodesk Forma で最初の解析を今すぐ実行

AEC Collection の一部として、またはスタンドアロン サブスクリプションで提供されています。

よくある質問(FAQ)

Autodesk Forma はどのようなソフトウェアですか?

Autodesk Forma は建設業向けインダストリー クラウドの初期段階の機能を搭載した製品です。Forma は、建築の事前設計や概略設計に最適な強力かつ簡単に使用できる AI を活用したツールを提供します。AEC Collection の一部として、またはスタンドアロン サブスクリプションで提供されています。

Autodesk Forma はどのようなユーザーを対象としたソリューションですか?

Forma は、事前設計や概略設計に携わるあらゆる方にご利用いただけます。Autodesk Forma を使用すると、建築設計者、都市プランナー、不動産開発者は計画段階で適切な意思決定を行うことができます。

Autodesk Forma と Autodesk プラットフォームの違いは何ですか?

Autodesk プラットフォームは、業界別のインダストリー クラウドと、共通のクラウド サービスの組み合わせで構成されています。プロジェクトの全段階を通じて社内外のすべての関係者やツール、データ、機能を 1 つに連携する共通データ環境を提供します。

 

オートデスクは、事前設計および概略設計に対応したさまざま機能を備えた AEC 業界向けクラウド Autodesk Forma を市場向けにリリースしました。 

Autodesk Forma の価格と利用可能なプランを教えてください。

Autodesk Forma のサブスクリプション価格は、1 ヵ月契約が 、1 年契約が 、3 年契約が です。

 

Autodesk Forma は、Architecture, Engineering & Construction Collection にも含まれています。Architecture, Engineering & Construction Collection のサブスクリプション価格は、1 ヵ月契約が 、1 年契約が 、3 年契約が です。詳細は、AEC Collection をご覧ください。

Autodesk Forma へのログイン方法を教えてください。

有効な AEC Collection またはスタンドアロン サブスクリプションをお持ちの場合は、Autodesk Account を使用して Forma にログインできます。こちらから Forma にログインしてください。

 

サブスクリプション メンバーではない方無償体験版をお試しいただけます。

 

学生または教職員の場合:学生・教員向けの無償ソフトウェアをご利用いただけます

Autodesk Forma の無償体験版を有償のサブスクリプションに変更するにはどうすればよいですか?

こちらで Autodesk Forma をご購入ください。購入時には、体験版のサイン インに使用したものと同じ電子メール アドレスとパスワードを入力します。詳細については、「無償体験版から有償のサブスクリプションに変換する」を参照してください。

 

Forma は AEC Collection ソフトウェア バンドルにも含まれています。詳しくは、こちらをご覧ください。

Autodesk Forma はどれくらいセキュアですか?

オートデスク製品の信頼性、お客様のアセットのセキュリティ管理、セキュリティ インシデントへの対応策やデータ保護についての詳細は、Autodesk Trust Center にアクセスしてご確認ください。

Autodesk Forma は、他のオートデスク製品や外部アプリケーションとどのように連携しますか?

Autodesk Forma は、IFC や OBJ のサポート、Revit、Dynamo、Rhino への接続など、さまざまな建設業向けソフトウェアの読み込み/書き出しをサポートしています。

Autodesk Forma は、どの地域で自動化データを提供していますか?

利用可能なデータ ソースは、国によって異なります。お客様の地域で利用可能なデータ ソースの詳細については、こちら (英語) を参照してください。

Spacemaker と Autodesk Forma はどのように関連していますか?

Forma は 2023 年 5 月 8 日にリリースされました。このソフトウェアには、初期段階の建築設計と都市計画のための Spacemaker の AI および予測解析機能と、FormIt の多数のコンセプト モデリング ツールが統合されています。さらに新しい機能が追加され、データの可用性が広がり、新たな解析も利用できるようになりました。

 

Spacemaker の多くの機能が Forma で利用できるようになったため Spacemaker ソフトウェアの提供を終了し、既存のサブスクリプション メンバーは Forma に移行されました。

さらに表示

トラブルシューティングの記事を見つけて問題を解決できます。