Autodesk Forma による建築設計の環境影響解析

 AEC Collection または Autodesk Forma のサブスクリプション メンバーがご利用いただけます。

Autodesk Forma の解析ツールを見る

Autodesk Forma には、建築の事前設計や概略設計のための包括的で簡単に使用できる環境影響解析機能が備わっています。設計コンセプトを検討し、生活の快適性とサステイナビリティを最適化できます。

Forma での解析の概要

エリア解析

用地に関連するエリアの指標を把握して、設計上の判断がプロジェクト スコープにどう影響するかを評価します。

 


日照時間解析

任意の日付における地面または建物外壁面のさまざまなポイントの日照時間を評価することにより、用地の日の当たりを評価できます。

 


昼光の利用可能性解析

昼光が不十分または過剰な領域を特定して再設計して、プロジェクトが昼光の要件を満たしていることを確認できます。

 


風解析

詳細な風解析または簡易的な風解析を使用して、用地の風条件によって建物マスがどのような影響を受けるかを評価します。

 


微気候解析

日照、風、地域の気象データから得られる解析結果を使用して、屋外エリアの熱快適性を向上できます。

 


総炭素量解析(テクニカル プレビュー)

反復設計を行いとパラメータを変更して、建物の炭素排出量解析の影響を測定し、炭素排出目標に向けて作業を進めることができます。 

 


騒音解析(ベータ)

簡易的または詳細な騒音解析によって線路と道路から生じる用地の騒音条件を評価し、設計上の決定がもたらす騒音削減効果を評価します。

 


太陽エネルギー解析(ベータ版)

年間を通した用地の太陽エネルギーの利用可能性と最適なパネル配置を特定し、サステイナビリティ目標の達成に向けて設計上の決定を調整します。

 


解析の拡張機能

Forma API を利用して独自にカスタマイズした解析拡張機能を作成し、Forma の機能を拡張できます。

 


建築設計向けの総炭素量解析

持続可能な建築環境のための設計

Forma の炭素量解析ツールと Insight for Revit を組み合わせて使用することにより、基本構想設計から詳細な建築設計まで、エンボディド カーボンとオペレーショナル カーボンを最適化できます。AEC Collection で利用できます。

AEC Collection で Autodesk Forma をお得に利用*

*含まれる製品を個別に購入する場合と比較

AEC Collection は、CAD/BIM/クラウド ソフトウェアを搭載した、設計・施工・製造向けのコスト効率に優れたソフトウェア パッケージです。Forma、Revit、AutoCAD をはじめとするさまざまなソフトウェアを搭載。各製品を単体購入するよりもお得な価格で幅広い機能をご利用いただけます。



AEC Collection には次のものが含まれます。

Forma の解析を今すぐ開始する

AEC Collection の一部として、またはスタンドアロン サブスクリプションで提供されています。