シミュレーションソフトのメリットとは?

Emily Suzuki 9月 7, 2022 1 min read

This post is also available in: Italiano (イタリア語) Deutsch (ドイツ語) English (英語)

シミュレーション ソフトウェアを使用すれば、製造前に、3D 設計が実際の条件下でどのように機能するかを理解でき、コストのかかるやり直しを回避することができます。シミュレーション ソフトウェアの利点と、Fusion 360 がどのように役立つかをご覧ください。

すべてのデザインプロセスは、まず何らかの形でアイデア出しをすることから始まります。最初の原案を作らずに、最終的な製品を作ることは不可能に近いでしょう。例えば、作家は最初の原稿を何度も見直し、書き直さなければ小説を出版することはできません。それはプロダクトデザインも同じです。

デザイナーやエンジニアは、製造前に3D 設計が実際の条件下で確実に機能するかどうかをテストするためのツールは必要不可欠です。

Fusion 360 は、拡張機能を提供することで、再び他社よりも一歩先へ抜け出しました。Fusion 360 Simulation Extension は、3D 設計のテストを助けるシミュレーション スタディ タイプの総合的な製品集です。

シミュレーションソフトとは?

シミュレーションソフトウェアは、製造前の3D 設計のためのデジタルテスト環境です。ソフトウェアによってパッケージは異なりますが、いずれもいくつかの異なる実際の状況を想定したテスト環境があらかじめ用意されています。例えば、3Dプリンティングです。シミュレーション ソフトウェアを使用すると、構造的完全性、熱公差、射出成形の製造性をテストすることができます。

設計プロセスにおけるシミュレーションの利点

設計のためのテストのシミュレーションには、コスト削減、生産時間の短縮、資源の節約など、いくつかの利点があります。数回使用しただけで動かなくなったり、あるいは壊れてしまうような製品を製造することは、どのメーカーにとっても良いことではありません。それは悪い評価や売り上げの減少、ブランドの評判の低下を招くことになります。

シミュレーションは、製品を実際の状況下に置き、公差、機能性、製造可能性をテストするもので、これらはすべてバーチャルで行われます。従来の反復設計プロセスでは、物理的なプロトタイプを何度も製造するための無駄な費用、物理的な製品のテスト時間の無駄であったり、極小のプロトタイプを再利用する方法がないことなど、資源の無駄もありました。

Fusion 360 Simulation Extensionについて

Fusion 360は、すでにコンピュータ支援設計(CAD)、コンピュータ支援製造(CAM)、コンピュータ支援電子工学(CAE)、プリント基板(PCB)を一つのパッケージにまとめた専門的で包括的、統合的なクラウドプラットフォームが自慢です。さらに、ベースパッケージに加え、様々な用途に応じた複数の拡張機能を選択することができます。そのひとつが、Fusion 360 Simulation Extension です。

Fusion 360 Simulation Extension には、最終製品を製造する前に 3D 設計をテスト・調査するための、シミュレーション スタディ タイプが用意されています。この拡張機能では、シミュレーション環境を離れる前に、実際の条件下で製品をテストする方法が用意されています。

自動車を購入する際、まず試乗をしなければ購入できないように、デザイナーやエンジニアも十分なテストをせずに製品を製造することはないでしょう。そのため、一連のテストを行うには、バーチャルシミュレーションが最適であると言えます。

アイデア出しの段階で、物理的なプロトタイプを延々と作り続けて、時間やお金、資源を浪費するのはやめましょう。次のプロジェクトでは、Fusion 360 Simulation Extension をお試しください。

Get Fusion 360 updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion 360 newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.