Fusion 360 の拡張機能とは? 

Emily Suzuki 6月 1, 2022 1 min read

This post is also available in: Français (フランス語) Italiano (イタリア語) English (英語)

Fusion 360 拡張機能の概要と、高度な機能の活用方法をご紹介します。 

CAD/CAM ソフトウェアについて言えば、あらゆるケースに対応可能な万能のソフトウェアは存在しません。現在あなたが使用しているソフトウェアが、通常の業務に必要な機能はすべてひと通り備えているとしても、時にはアイデアの可能性をさらに追及するために、さらに高度な機能が必要になることもあるでしょう。工場や製造部門の拡大に伴い、さらに複雑な 5 軸加工法が必要になることもあるかもしれません。あるいはあなたは設計チームの管理者で、ジェネレーティブ デザインという新たな設計ソリューションについて調査しているかもしれません。そんなあなたに最適なのが、Fusion 360 拡張機能です。Fusion 360 のさまざまな拡張機能を活用することで、高度な機能やワークフローにアクセスし、さらに高品質な製品を製造可能になります。オートデスクの柔軟なサブスクリプション プランをビジネス ニーズに合わせて選択し、最適なCAD/CAM パッケージを構築できます。 

Fusion 360 拡張機能へのアクセス方法は? 

拡張機能は、Fusion 360 プラットフォームに既に組み込まれていますが、通常はロックされています。追加機能が必要になった場合はこのロックを解除してすぐに利用を開始できます。追加機能が不要な場合はロックしたままにしておきます。さまざまな拡張機能のうち 1 つだけ必要な場合は、1 つだけ選択して使用できます。複数必要な場合は、複数の拡張機能をロック解除します。どの拡張機能も必要ない場合は、何もせずに放っておくだけです。Fusion 360 拡張機能の 7 日間無償体験版で、プラットフォームを拡張するメリットを体験することもできます。 

Fusion 360 拡張機能の対象ユーザーとは?使用方法は? 

Fusion 360 拡張機能は、さらに高度な Fusion 360 機能が必要な個人や企業向けです。自動化および最適化されたワークフローをチーム作業に導入し、効率を高め、コラボレーションを強化することで、製造スループットが向上し、市場投入までの時間を短縮できます。 

オートデスクのコミュニティ メンバーの多くにとって、拡張機能は必要ないでしょう。これらの拡張機能が必要となるのは、ごく一部の人々と予想されます。これまでに、機能が多すぎるソフトウェアを使ったことがありますか?50 種類もあるオプションの中から必要なメニューを探し回ったり、使ったことのある機能がプログラムの奥深くに埋もれてしまい、どこにあるのか思い出せずに頭を悩ませたりするのは、決して楽しい体験ではありません。オートデスクは Fusion 360 を、キャリアのレベルや職務に関係なく、誰にでもアクセスしやすく使いやすいソフトウェアにしたいと考えています。コミュニティの一部の人々のニーズに合わせて Fusion 360 に過度に機能を詰め込むことは避け、高度な機能が必要であれば Fusion 360 で拡張機能を有効にし、不要であれば無効なままにしておくことを選択できるようにすることで、シンプルさを維持しています。「去る者日々に疎し」という諺のとおり、高度な機能が不要な人は、これらの拡張機能については忘れてしまって問題ありません。Fusion 360 プラットフォームは ¥61,600/年で誰でも利用できます。 

Fusion 360 にはどのような拡張機能がある? 

以下に、Fusion 360 コミュニティで現在提供している拡張機能と、各機能の概要を紹介します。 

Fusion 360 Machining Extension 

Machining Extension は、機械加工のエクステンションです。Fusion 360 の主要機能である CAM を強化し、CNC 工作機械をさらに活用できます。搭載される高度な加工法、ツールパス制御、自動化機能によって、パーツの品質を向上し、リード タイムを短縮できます。 

Fusion 360 Machining Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Nesting & Fabrication Extension 

Nesting & Fabrication Extension は、ネスティングとファブリケーションの高度な機能を搭載したエクステンションです。シートメタルや非シート メタルのパーツ用に、複数シートのレイアウトの設計・製造を最適化し、CNC 工作機での切断に備えて、設定、ツールパス、NC コードをFusion 360 で直接生成できます。 

Fusion 360 Nesting & Fabrication Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Generative Design Extension 

ジェネレーティブ デザインのエクステンションです。機械学習と AI のパワーを活用して、さまざまな設計案を迅速に生成・検討し、製品の軽量化、構造的完全性や耐久性の向上を実現できます。Generative Design Extension を使用すれば、仕様に沿った製造可能な設計案を多数生成し、比較検討することで、人間の能力を超越した設計案を生み出すことができます。 

Generative Design Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Additive Build Extension 

Additive Build Extension は、積層造形のエクステンションです。金属積層造形や高度なプリント テクノロジーを活用した追加の積層造形テクノロジーを Fusion 360 で利用できます。サポート材の生成やツールパス加工方法をさらにコントロールできる機能が搭載されるほか、自動パーツ補正によってリード タイムを短縮できます。 

Fusion 360 Additive Build Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Manage Extension 

Manage Extension は、追加のデータ管理機能を搭載する管理エクステンションです。設計変更を完全に可視化できる機能や、デジタル承認履歴を記録する機能によって管理業務が効率的になり、イノベーションに集中して取り組めるようになります。 

Fusion 360 Manage Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Simulation Extension 

シミュレーション エクステンションです。製造前に、実際の条件下でどのようなパフォーマンスを発揮するか、設計を検証するためのさまざまなシミュレーション スタディ タイプを搭載します。

Fusion 360 Simulation Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 Product Design Extension 

製品設計エクステンションです。高度な 3D 設計ツールや 3D モデリング ツールによって複雑な製品設計を自動化することで、製品開発プロセスがシンプルになります。 

Fusion 360 Product Design Extension の詳細は、こちらをご覧ください。 

Fusion 360 拡張機能の価格は? 

Fusion 360 拡張機能はよく、アドオン、プラグイン、またはマイクロトランザクションと比較されますが、これはまったくの誤解です。Fusion 360 拡張機能は、アドオン、プラグイン、マイクロトランザクションではありません。ただし、プロジェクトのニーズに合わせて柔軟に使用できるお支払いオプションをご用意しています。これらの拡張機能を使用する場合は、Fusion 360 プラットフォームから直接ロック解除し、不要な場合はそのままロックしておくだけです。ビジネス要件に合わせて、以下のサブスクリプション プランから選択できます。 

  1. 1 ヵ月契約のサブスクリプション:1 ヵ月単位の契約で高度な機能にアクセスできます。 
  2. 1 年契約のサブスクリプション:継続的に高度な機能を利用する場合におすすめの、価格的にお得なプランです。 

Fusion 360 拡張機能のインストール方法は? 

インストールする必要はありません。これらの拡張機能は、サードパーティ製のアドインではありません。Fusion 360 の一部のように動作しますが、拡張機能として組み込まれています。拡張機能の使用を開始するには、Fusion 360 の右上に表示される延長コード アイコンをクリックして、エクステンション マネージャーにアクセスするだけです。 

access-fusion-360-extensions
access-fusion-360-extensions-manager

拡張機能の使用を開始するために必要なツールは、Fusion 360 にすでにそろっています。さらにサポートや情報が必要な場合は、拡張機能の概要ページにアクセスするか、オートデスク担当者までお問い合わせください。 

 

Get Fusion 360 updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion 360 newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.