Autodesk Fusion を Renishaw のプローブで使用するための重要なヒント 

Richard Stubley Richard Stubley 2月 18, 2024

1 min read

This post is also available in: Français (フランス語) Italiano (イタリア語) Deutsch (ドイツ語) English (英語)

Renishaw のプローブをご存知ですか?Autodesk Fusion は、彼らにとって優れた CNC ソフトウェア パートナーです。マシンを最大限に活用するために、次のヒントを確認してください。 

Renishaw spindle probe

CNC マシンのスピンドルに取り付けられたプローブがあれば、それはおそらく Renishaw のプローブでしょう。おそらく、普通とは異なるワークピースをセットするために使用しているのかもしれません。あるいは、購入時にトレーニングを受けていた人が忘れてしまったか、もう会社にいないため、引き出しにしまったままになっているかもしれません。 

Autodesk Fusion が Renishaw プローブの完璧なパートナーであることを嬉しく思います。Fusion を使用すると、 プローブを完全にプログラムできます。G68 P9810 が保護された位置移動であることを覚えておく必要がなく、ボーリングを測定するために G65 P9814 を使用する必要もありません。 

まだ初心者の場合でも、スキルアップを目指すプロービングのプロの場合でも、これらのヒントが役に立ちます。 

1.プローブ WCS 

パーツのデータムを設定することは、あらゆる機械オペレーターにとって基本の作業です。DTI を使用して手動で行う場合でも、マシンで直接プログラムする場合でも、Fusion でプローブをオフラインでプログラムする利点を考慮することが重要です。 

Fusion から WCS プロービングをプログラムすると、Renishaw のプローブを思った以上に活用できるようになります。たとえば、ストック サイズが許容範囲外である場合にアラームを発することで、アンダーサイズの材料のクリーンアップ漏れや、材料が大きすぎる場合の工具の破損を防ぐことができます。 

マシンには洗練されたユーザ インターフェイスがあるかもしれませんが、おそらくプロービング サイクルを設定するにはまだ多くの作業が必要です。Fusion では、モデル上のプローブする場所を選択し、工具を選択して、ポストプロセスを実行します。非常に簡単です。 

プロセスの詳細については、次のビデオを参照してください。 

2.駆動 WCS のオーバーライド 

オフラインでのプローブのプログラミングが順調に進み、機械工場に変化が現れていることを実感していることでしょう。次のレベルに進みましょう。このテクニックを使用すると、手作業によるセットアップなしでパーツからパーツ、プログラムからプログラムに移動できます。そうです、セットアップが不要になるのです。複雑に聞こえるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありませんので、ご心配いりません。 

Fusion で複製できる固定データムがマシン上に必要です。たとえば、ゼロポイント システムを使用している場合は、ベース プレートのセンター トップのようなものを選択するのが最適です。ただし、従来の単一可動バイスを使用している場合でも、心配する必要はありません。固定された口金にポイントがある場合でも、完璧に機能します。 

駆動 WCS のオーバーライドは 2 つのデータムを使用します。1 つはプローブを駆動するものであり、最も重要なことは、決して変更されないということです。2 つ目は、プロービングとそこから駆動される後続のツールパスから更新されるローカル パーツ データムです。この単純なプロセスを一度立ち上げて実行すると、後戻りすることはありません。ほとんど労力をかけずにパーツからパーツに移動できるため、柔軟性が高まり、製造上の要求に迅速に対応できるようになります。 

3.形状プローブ 

形状を検査するためにプロセスの途中でマシンからパーツを取り外さなければならなかった、または何時間もかけてパーツを作成した後、それが最初に間違って作成されたフィーチャであることが判明したという経験はありませんか? 

形状プローブを使用すると、プロセス内測定を実行できるため、最終的に CMM に引き渡したり自分で測定したりするときだけでなく、プロセス全体を通じてパーツの品質に自信を持つことができます。 

形状プローブの設定内で、フィーチャのサイズと位置の許容限界を設定できます。測定値が許容範囲外であることを検出すると、マシンはアラームを発します。これは、調査が必要な問題をより早く特定できることを意味します。これにより、不良パーツの仕上げに何時間も無駄な時間を費やすことがなくなります。次のレベルに進む場合は、Fusionに結果を読み込んでモデル上にオーバーレイし、検査レポートを作成します。 

詳細については、次のビデオを参照してください。

4.工具の摩耗を更新 

形状プローブを使用中に、ボーリングが小さすぎることがわかりました。次の作業で工具補正を使用しているのが理想的です。そうでない場合は、ぜひ使用を検討してください。工具補正を使用すると、仕上げパスを微調整できるため、後処理をやり直すことなく、毎回完璧なパーツを作成することができます。 

そのためには、マシンで利用可能な工具オフセットを使用して、工具の直径または長さを微調整します。フィーチャが正しくない場合は、工具テーブルの実際の直径が間違っているか、変形が発生しているかのいずれかである可能性があります。つまり、切削中のサーフェスから工具がそれてしまい、工具の実質的な働きが小さくなっています。 

工具補正を調整すると、これらの両方を補正できます。これで、問題の解決方法と、形状プローブの結果から、その問題がいかに大きいかを理解できました。計算機を使って手作業で摩耗オフセットをどの程度調整するかを計算することもできますが、潜在的なエラーと膨大な時間の無駄につながる可能性があります。 

Fusion から工具摩耗の更新を直接使用すると、プロービングの参照ツールパスを選択できます。その後、結果に応じて磨耗が更新されます。これ以上の作業は必要ありません。必要なオフセットはプラスですか、それともマイナスですか?整数ですか、それとも半数ですか?前のツールパスで残しておいた 0.15 のストックも忘れずに削除する必要がありますか? 

Fusion でその参照ツールパスを選択すると、Renishaw のプローブがすべての面倒な作業を引き受けてくれます。この設定には、主に作成するバッチ サイズに応じて、いくつかの異なる方法があります。 

それらのプロセスの詳細については、次のビデオを参照してください。

5.サーフェスを検査 

これまで説明してきたことはすべて、Renishaw のプローブと Inspection Plus サイクルの既存のワークフローを強化するものでした。これまで実現できなかった、モデル上の任意の場所で 3D 点を取得する方法について見ていきましょう。 

これは CMM の一般的な機能だと思われるかもしれませんが、Fusion とManufacturing Extension を使用すると、3+2 であっても、到達可能な任意の場所に点を指定できます。モデル上の点を選択すると、他の NC コードと同様に、単独で、またはプロセスに組み込んで実行されます。 

マシンは、パーツをマシンから取り外す前にフリーフォーム サーフェスをチェックし、即座に検証できるようになりました。これは、パーツが取り外されると再調整が非常に困難になるためです。プロービングが完了すると、アラームを生成して即座にフィードバックしたり、それらの結果を Fusion に読み込んで各点や測定に関する詳細なフィードバックを得ることができます。これらを形状プローブの結果と組み合わせて、CNC マシンから直接包括的な測定レポートを作成できます。 

Renishaw のボール バーへの投資を考えたことはありますか?ボール バー テストなどのテストや、外部検証される較正パーツの作成は、マシンが何を作っているかを相互に検証するのに最適な方法です。夜間の操業を中断して、CMM チームによるパーツの検査を翌朝まで待たなければならないようなことは過去の話です。サーフェス検査を使用しパーツの任意の点を測定すると、マシンでパーツの品質を直接制御できるようになります。

6.パーツの位置合わせ 

これまで多くのことを取り上げてきましたが、もう少しお付き合いください。鍛造品、鋳造品、3D プリントなどのニアネット シェイプのセットアップが必要になったことはありませんか?非常に複雑なパーツをマシンから取り外し、そのパーツのデータムを再取得しなければならなくなったことはありませんか? 

パーツのアライメントでは、サーフェス検査の測定結果を使用してベスト フィットを実行し、パーツがマシン上のどこにあるかを計算します。これはユーザが想定した場所を計算することではありません。すべての検査点を取得し、それらをできるだけゼロに近づけ、パーツのストックのバランスをとったり、機械操作をブレンドするために完璧なフィットを取得するよう努めます。その後、すべてのツールパスを最適な場所に移動し、コントローラにコストのかかるオプションがあるかどうかを心配する必要はなくなります。 

今すぐ Renishaw スピンドル プローブと Autodesk Fusion を使ってみましょう。 

プロービングについてさらに詳しく知りたいですか?この概要ビデオを参照してください。 

Tags and Categories

機械加工

Get Fusion updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.