どのようにトーマス・エジソンの発明工場はチームによるコラボレーションの先駆者となったのか

Emily Suzuki Emily Suzuki 9月 21, 2022

1 min read

This post is also available in: Italiano (イタリア語) Deutsch (ドイツ語) English (英語)

トーマス・エジソン(英語)の発明工場は、偉大な才能を持つ者を集め、今日でも広く使われているコラボレーション モデルを作り上げたのです。

エジソンのような偉大な発明家が、一人で発明をすることは不可能であったことは想像し難くありません。エジソンは、発明工場というアイデアを生み出しました。それは、初期のR&D lab のような場所で、協力者たちが一緒に働くチームのようでした。このような働き方は、当時としては比較的新しいもので、共同で問題を解決する(英語)ことで世界を変えようとするものでした。そして、それは(今日に至るまで)ビジネスのやり方を一変させることになったのです。

エジソンは、蓄音機や白熱電球など歴史的な発明を含む 1,093 件の特許を取得していますが、彼の最も大きな功績は、発明工場でしょう。エジソンが亡くなった 1931 年には、ほぼすべての大企業がこのモデルを採用し、それは今日まで続いてます。

最先端のコラボレーション環境

vintage-labratory

メンロパーク(英語)のエジソンの研究所は、5 万ドル相当の費用がかかる 2 階建てで、1 階は機械工場、2 階は科学・化学研究所でした。この研究所には、当時としては最高の設備が整っていました。エジソンは、常に技術革新の最前線で研究所を運営できるよう、安定したキャッシュ フローを確保するように努めました。彼が従業員を率いていくと、研究所の規模は大きくなり、エジソンは指導者のような存在になりました。各チームに最初の指導と提案を行い、各チームは互いに頼り合いながら、問題解決に向けて進んでいったのです。

R&D lab は、新しい仕事、革新的な製品、さらにはまったく新しい産業を生み出します。それは、一人ひとりのその人唯一の輝き(そしてグループ内で互いの強みを生かす素晴らしい可能性)を認識したコラボレーション モデルのおかげです。エジソンは、ウエストオレンジの研究所で、エジソンは、「マッカーズ」と呼ばれる大学や専門学校を出たばかりの若者を雇い、夜遅くまで働き、従業員にも同じようなことを求めました。

高い期待値と優れた成果

though-idea-innovation

トーマス・エジソンは、厳しく細かく要求する経営をしていましたが、それは従業員にとって好都合でした。多くの人が、長時間労働や時には厳しい叱咤にもかかわらず、偉大な発明家や優秀な同僚と身近に接することができたことは、自分にとってプラスになったと言っています。そして、これこそがコラボレーション(英語)の素晴らしさなのです。イノベーター(英語)は、意欲的で才能ある人々に囲まれて、本当に特別なものを生み出すチャンスを手に入れることができるのです。

今日、R&D lab はさまざまな形態をしており、リモート ワーカーを含む場合もあります。しかし、エジソンの基本的な考え方は、今日でも基本的に使われています。それは、賢くてやる気のある人を同じ空間(物理的またはデジタル上)に集め、一緒に問題を解決して、最終的にそのパーツの集合体以上のものを生み出すというものです。


コラボレーションには、入念な調整と、複数のバージョンのアイデア、テンプレート、プロトタイプ、モデルを追跡する能力が必要です。Autodesk Fusion 360 などのツールを使用すれば、今日のイノベーターは、あらゆる規模のプロジェクトで効果的にコラボレーションを行い、さまざまな繰り返しの履歴を記録することができます。トーマス・エジソンの方法はそれほど技術的ではありませんでしたが、今日のエンジニアやメーカーは回路図の接続、部品配置の調整、プリント基板(PCB)(英語)の配線、包括的なライブラリへのアクセスなどが可能で、これらすべてによってより高度な開発と市場への迅速な投入を実現します。Fusion 360 には、包括的なオンライン サポート コミュニティも用意されており、エジソンが昔に作ったワーク スペースのデジタル版とお考えいただければと思います。今すぐ無料トライアルをダウンロードして、イノベーターたちの充実したコミュニティーに参加しましょう。

Tags and Categories

電子工学

Get Fusion updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.