Fusion 360 のダイレクト モデリングでスケッチに命を吹き込む

Emily Suzuki Emily Suzuki 3月 2, 2023

1 min read

This post is also available in: Français (フランス語) Italiano (イタリア語) Deutsch (ドイツ語) English (英語)

Fusion 360 の 3D デザインとモデリングの機能のモデリング形式に関して、ダイレクト モデリング の利点とパラメトリック モデリング との違いについての簡単な概要をご紹介します。

スケッチしたものを形にできたらと思ったことはありませんか? コンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェア を使えば、2D のスケッチから 3D モデルを作成し、最終的には コンピュータ支援製造(CAM)ソフトウェア を使ってその設計製品を製造することができるのです。

3D モデルの作成方法には、一般的にダイレクト モデリング とパラメトリック モデリング の 2 種類があります。どちらも設計プロセスの異なる部分に最適で、用途も異なります。

ダイレクト モデリングとは?

ダイレクト モデリングは、プロトタイプを迅速に定義し、何が機能し、何がうまく機能しないのかを確認することができます。

ダイレクト モデリング は、フィーチャーに基づく制約や、元の設計意図の微調整に時間をかけることなく、素早く形状を定義する方法です。ダイレクト モデリング を使用する設計者は、スケッチや数値の関係性を更新することなく、ソリッド モデルから、またはソリッド モデルに対して形状を追加、修正、削除することができます。パラメトリックにデータを操作する必要がないため、ダイレクト モデリングは多くの設計オプションを検討するのに適しています。

なお、Fusion 360 では、2 つの方式を切り替えて使用することができます。例えば、パラメトリック に設計されたモデルを、部分的にダイレクト モデリングで編集することができます。

パラメトリック モデリングとは?

パラメトリック モデリングでは、パラメーターを定義し、設計の意図をモデルへ反映させることができます。

一方、パラメトリック モデリングは、フィーチャーに対する規則を変更することで設計意図を反映することができる 3D モデリング のアプローチです。これにより、繰り返し行うことになる設計変更を自動化することができます。パラメトリック モデリングでは、スケッチに基づく立体形状との間に関係性を持たせることによって形状を作成します。詳細形状を作り込んでいくに従って関係性が積み重ねられ、その結果相互に連動するようになります。つまり、あるフィーチャー のパラメーターを変更すると、他のフィーチャーにも影響が及ぶのです。その結果、1ヶ所のみ修正することで関連するすべての形状が連動して更新され、設計変更が劇的に楽になります。

Fusion 360のダイレクト モデリングの利点

Autodesk Fusion 360 のダイレクト モデリングは理解しやすく、学習曲線も浅いです。パラメーターを定義することなく、簡単に面を選択し、角度やその他の 3D モデルのプロパティーを修正することができます。ダイレクト モデリングは、ある場所にあるモデルを他の場所に影響を与えずに操作できるため、粘土に例えられることもあります。その他の利点は以下の通りです。

ダイレクト モデリングは自由度が高い反面、ヒストリーが無いという欠点があります。履歴が残らないため、パラメトリック モデリングのようにフィーチャーの変更や編集を記録することができず、設計変更に手間がかかります。

Fusion 360 のダイレクト モデリングは、急ぎのプロトタイピングのような柔軟性とスピードを求めるプロジェクトに最適です。また、設計した部品が1つの用途にしか使われない、ライフ サイクルが短い、設計を何度も繰り返す、といったプロジェクトにも有効です。

Fusion 360 による3D モデリングについて、詳しくはこちらをご覧ください。そして次のプロジェクト用に、今すぐ Fusion 360 をダウンロードしましょう。

今すぐ無償体験版を試す

Get Fusion updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.