Autodesk ReCap Pro:物体をデジタル データ化

リアリティ キャプチャと 3D スキャニングのためのソフトウェア

ReCap Pro の特長

エラーを削減し、確かな情報に基づいて構築

重要なインサイトを活用して、より適切な意思決定を行えます。

情報に富んだ正確なデジタル モデルを使用して作業

プロジェクトのライフサイクル全体を通して現況をキャプチャできます。

BIM プロセスに対応

設計ツールを統合してワークフローを合理化できます。

ReCap Pro でできること

ReCap Pro を使用した中庭の像の 3D モデルのレンダリング
ReCap Pro での 3D モデルのレンダリング

実在のオブジェクトや環境の 3D モデルを生成

レーザー スキャンや写真を使用して、正確なインテリジェント モデルを生成できます。このモデルは、建築、土木エンジニアリング、建設(AEC)の幅広い用途に活用できます。

鉄道プロジェクトのビジュアライゼーション
ReCap Pro での鉄道プロジェクトのビジュアライゼーション

点群とメッシュをビジュアル化して作業

異なる種類のレーザー スキャンをまとめ、クラウドの自動抽出ツールを使用して、詳細設計を実行する際の既存の条件を定義できます。

ReCap Pro の注釈付き道路プロジェクト
プロジェクトでのリアルタイムの共同作業

リアリティ キャプチャ データを共有し、複数のチームで共同作業を実施

Autodesk Construction Cloud を利用すると、場所や時間を問わずにリアリティ キャプチャ データを管理、共有でき、プロジェクトの効率が向上します。

Autodesk ReCap Pro のリソース

建物や空地などの土地開発用地の点群。

ウェビナー

新機能のウェビナーを見る

リアリティ キャプチャ ワークフローを改善する最新機能をご覧ください。

 


橋、航空交通管制塔、高速鉄道、高速道路、建設現場が描かれた未来の都市のレンダリング

ブログ

ReCap Pro の最新情報を入手する

リアリティ キャプチャのワークフローを合理化する方法をご覧ください。

 


建物、道路、樹木、車、駐車場などの上空表示の点群。

ロードマップ

リリース予定の ReCap Pro の機能

土木インフラ製品の公開ロードマップで、製品開発パイプラインの最新情報をご確認ください。

 


よくある質問(FAQ)

Autodesk ReCap Pro はどのような用途に利用できますか?

Autodesk ReCap Pro は、実際の建物プロジェクトやインフラ プロジェクト用の 3D モデルを作成するために使用します。

Autodesk ReCap Pro はどのようなユーザーを対象にしていますか?

Autodesk ReCap Pro は、建築、エンジニアリング、建設業界のプロフェッショナルに使用されています。

ReCap Pro に読み込む建設予定地のデータはどのように収集すればよいですか?

LIDAR または写真測量テクノロジーを使用して、詳細なデータを収集します。ドローンにカメラを取り付けたり、レーザー スキャナを使用したりすると、建設予定地の環境を数時間でスキャンできます。

ReCap と ReCap Pro の違いを教えてください。

Autodesk ReCap Standard は、Autodesk ReCap Pro デスクトップ アプリケーションの無償版です。詳しい違いについては、こちらを参照してください。

ReCap Pro の現在のバージョンを購入すると、他にどのバージョンを使用できますか?

Autodesk ReCap Pro のサブスクリプションでは、3 つ前までのバージョンをインストールして使用できます。ダウンロード可能なバージョンは、サブスクリプションのご購入後、Autodesk Account に一覧表示されます。「サブスクリプション メンバーが使用可能な前バージョン」も参照してください。

ReCap Pro を複数のコンピュータにインストールできますか?

ReCap Pro のサブスクリプションでは、コンピュータなどのデバイス最大 3 台に ReCap Pro をインストールできます。ただし、指名ユーザーがソフトウェアにサインインして使用できるのは、一度に 1 台のコンピュータのみです。詳細は、「ソフトウェア使用許諾契約」を参照してください。

ReCap Pro 無償体験版を有償のサブスクリプションに変更するにはどうすればよいですか?

体験版のソフトウェアを起動して、体験版の画面から[購入する]をクリックするか、ReCap Pro の購入ページでご購入ください。ご購入時に、体験版のサインインに使用したものと同じ電子メール アドレスとパスワードを入力してください。詳細は、「無償体験版からサブスクリプションに変換する」を参照してください。

Autodesk ReCap Pro のサブスクリプションの価格を教えてください。

ReCap Pro のサブスクリプションの価格は、年間契約で 、月単位の契約で です。ReCap Pro の 3 年契約のサブスクリプションの価格は です。製品の使用頻度が低い方には、従量課金制のオプションもご用意しています。詳しくは、www.autodesk.com/jp/flex をご確認ください。

さらに表示

サポートと問題解決

トラブルシューティングの記事を見つけて問題を解決できます。

コレクションの一部として ReCap Pro を購入してお得に利用

各製品を個別に購入する場合と比較。

Civil 3D、Revit、InfraWorks など、オートデスク設計ツールで ReCap Pro を利用すると、プロジェクトの現況を実環境のデジタル表現に変換できます。



AEC Collection には次のものが含まれます。