異なる業種を超えた人工知能 (AI) の 5 つの事例

Emily Suzuki Emily Suzuki 2月 27, 2023

1 min read

This post is also available in: Italiano (イタリア語) Deutsch (ドイツ語) English (英語)

自動車製造やソーシャルメディアなど、様々な業界における 5 つの人工知能の活用事例をご紹介します。

artificial intelligence (AI)

人間が過去 10 年間に発明したものをはるかに超える技術を生み出し続け、人工知能(AI)市場は活況を呈しています。生体認証システム、自動運転車、会計ソフト、最も燃費の良いルートを案内する GPS アプリケーションなど、人工知能の技術が私たちの日常生活を簡単にしてくれていることに気づかれているのではないでしょうか。

時代が進むにつれ、人工知能は  1 つの産業から次の産業へと広がり続け、やがてエンジニアが想像もしなかったような途方もない目標を達成することを手助けするでしょう。

人工知能 (AI) とは何か?

人工知能は、機械と深層学習コンピュータ ソフトウェアで構成される人間の知能のシミュレーションです。簡単に言えば、ニューラル ネットワークのシミュレーションです。人工知能は Java や Python などのプログラミング言語によって書かれた機械学習アルゴリズムがついたハードウェアや、専用のソフトウェア上に存在します。人工知能は、データを収集し、データを分析してパターンを見つけ、そのパターンを使って未来の状態を論理的に予測することで学習します。

例えば、企業サイトのチャット ボットは、実際のチャットのデータを利用した基本的な人工知能システムです。チャット ボットはプログラミングされていて、実際のチャットからのデータセットが提供されます。チャット ボットは、文章の例からパターンを学習するアルゴリズムを作動させ、問題解決の仕組みを取り込みます。これにより、チャット ボットは、チャットに入力された見覚えのある文章を識別して、実在の人物とのやり取りをリアルに再現することができます。チャット ボットには、何百万もの例文からなるデータベースがあり、その中から適切な返答を導き出すことができます。

なぜ人工知能 (AI) が重要であるのか

人工知能が重要なのは、汎用性が高く、人間が繰り返し行う作業をより速く、はるかに正確に行えるようにするためです。人工知能は世界中の産業で活用されており、古い技術を革新し、新しい技術を生み出すための新しい方法を提供しています。現代の人工知能の利用例として、自動運転車、会計帳簿、交通タクシーサービス(Uber)、ソーシャルメディアのアルゴリズム、CAD ソフトウェアにおけるジェネレーティブ デザインなどがあります。

1. 自動運転技術

自動運転技術における AI

AI の発達と LiDAR テクノロジーのおかげで、自動運転車は今や現実のものとなっています。一部の市場調査では、サプライチェーンの問題はあれども、2040 年までに 3,300 万台以上の自動運転車が道路を走るようになると予測されています。

自動運転車には、車体の周囲に配置された一連のセンサーが働いています。センサーは数千のデータ ポイントをミリ秒単位でリアルタイムに捉えます。例えば、車の速度、道路状況、歩行者の位置、道路上の線、他の車の位置などが含まれます。人工知能は、データを解釈し、衝突や道路交通法違反を回避するための機械的反応を数ミリ秒以内に実行することを手助けします。

自動運転車を支える AI 技術はまだ初期段階にありますが、将来は有望です。新たな進歩により、完全な自律走行型のパーソナルカーが実現するかもしれません。

2. 金融

金融業界は、定量データを処理し、リアルタイムな報告と正確性が必須です。人々がわずか数秒の間で、消費、分析し、データに反応する環境ほど、人工知能に適した場所はないでしょう。金融業界では、チャット ボット、適応型知能、アルゴリズム取引、機械学習を用いて、投資家が取引、貯蓄、売却を滞りなく行えるよう支援しています。また、人工知能は金融市場から収集したデータを使って、最適な株の購入やポートフォリオを予測します。

3. 旅行・交通サービス

旅行・交通サービスにおける AI

Uber は人工知能を活用して、交換手を待たずに A 地点から B 地点まで人々を移動させることを手助けする、数多くある企業の一つに過ぎません。ほとんどの人がスマートフォンで旅行の手配をするようになり、企業もスマートフォンの利用状況を生かし始めています。また現代の旅行会社は、今やオンライン上のデジタル空間に存在しています。人工知能のチャットボットとバーチャル アシスタントは、ユーザーが数回のクリックとテキストでの促進情報だけで世界中の旅行を計画できるようお手伝いします。

4. ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、スマートフォン、携帯用デバイスの利用拡大により、ここ 10 年で大きく成長し、Facebook、Snapchat、Twitter、Instagram で 20 億人以上のアクティブなプロファイルを持つようになりました。人工知能はチャット ボットを使用し、ユーザーの過去の検索履歴をもとに関連性の高い投稿を提供します。様々なソーシャル メディア プラットフォームで紛らわしい情報が流入する中、将来的には人工知能が役立つ可能性があります。

5. ジェネレーティブ デザイン

ジェネレーティブデザインにおける AI

Fusion 360 のジェネレーティブ デザインは、人工知能の技術を活用し、設定した仕様条件をもとにして、多数の設計案を生成します。エンジニアが提供する空間要件、材料、製造方法、コスト制約などの入力データを収集し、元の設計に対して実現可能な何百もの代替案を作成します。人工知能は、成功と失敗を繰り返すたびに試験と学習を行い、最終的に自分では思いつかないようなデザインの選択肢を生み出します。

人工知能や人工知能の研究は続けられ、私たちがすでに知っている技術をこれからも強化していくでしょう。他にも、認識、顔認識、自然言語処理、音声認識、ビデオゲームでの戦闘訓練など、人工知能の応用は多岐にわたります。

Fusion 360 のジェネレーティブデザインを実際に体験して、人工知能を活用した CAD を体感してください。

Tags and Categories

機械エンジニアリング

Get Fusion updates in your inbox

By clicking subscribe, I agree to receive the Fusion newsletter and acknowledge the Autodesk Privacy Statement.