image.jpg
Industry Talk    AS500421
デジタルツインに向けたBIM環境の整備
image.jpg
Collapse Expand

説明

日揮グループでは、2030年に向けたIT戦略であるITグランドプラン2030にそってデジタル技術を積極活用し、ビジネス改革(DX)に取組んでいる。そのITグランドプラン2030を構成する5つのイノベーションプログラムの1つであるデジタルツインでは、サイバー空間(仮想空間)にて計画および各種検討を実施し、フィジカル空間(現実空間)にフィードバックする事でエンジニアリングやプロジェクト遂行の効率化およびリスク低減を図ることを目標としている。現在、デジタルツイン実現に向けたファーストステップとしてBIM環境の整備を実施している。Revit、BIM360、AssembleやInsightなどのツールの活用やBIM遂行計画書、LOD、Omni Class等の国際コードの適用など具体な取組を交えながら、デジタルツインへ向けた日揮グループのBIMの現状と今後の展望をご紹介します。

Key Learnings

  • 建設業界のデジタルツインを定義します。
  • デジタルツインにつながるBIM環境を構築します。
  • LOD、国際コード等を活用した効率的なBIM遂行を実現します。
  • BIM360による効率的なデータプラットフォームを構築します。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント