image.jpg
Industry Talk    AS500415
BIM Level3を目指して ~「つながる」のではなく「つなげる」BIM~
image.jpg
Collapse Expand

説明

大和ハウス工業は、BIM100%移行に向けた3年間の取組を経て、次なるステージに取り組んでいます。4年目に入り各セクション毎の連携を強化しています。その取組の一部をご紹介させて頂き、BIMに取り組む皆様の今後の参考になればと思います。
意匠・構造・積算の取組をご紹介します。
意匠分野について、 1)外構をコードを利用し効率良くモデリングする手法、及び積算との連携の事例をご紹介します。 2)メーカー横断の総合WEBカタログとRevitを連携させる事による建材DBとの連携事例をご紹介します。  3)モデリングの属性情報・位置情報を活用して胴縁を自動発生させ、生産部門及び積算部門との連携事例をご紹介します。
構造分野について 、1)各部門へ構造モデルを提供する為のBIM精度基準を制定した経緯と精度を確保する方法をご紹介します。  2)連携を見据えた構造図デジタル化のための取組をご紹介します。  
積算分野について 、1)意匠からコードを利用した外構モデルを受領し、効率的に項目名、数量、単価を見積書へ反映するツールをご紹介します。 2)構造モデルから ヘリオスにて基礎を連携、すけるTONにて鉄骨を連携する際の課題と対応状況についてご紹介します。
各部門連携について、BIM360(共通データ環境;CDE)を活用し、データ交換のみならずクラウドコラボレーション及び履歴管理を行う事により、データの受け渡しルールや承認プロセスにも活用しています。

Key Learnings

  • 各部門における連携を見越したモデリング手法を定義します。
  • 共通データ環境としてのBIM360の活用手法を定義します。
  • BIMモデルに含まれる仕様のコード化、およびその活用手法を定義します。
  • 各部門のBIM運用ルールを定義します。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント