image.jpg
Industry Talk    CES500172
10年後を意識したInfra BIMによる企業DXの試行錯誤
image.jpg
Collapse Expand

説明

現在、土木業界における産業人口は年々減っており、将来を担う人材が減少しています。様々な要因から、土木業界自体に入職する人材が少なく、業界人口の年齢層は今やひょうたん型です。私の所属する会社でも10年後にはベテラン社員の殆どが定年を迎えます。

そんな中でも、ベテラン社員は従来通りの業務量をこなしつつ、自身の年齢にタイムリミットを感じながら、若手人材への育成時間もどんどん増やしていかなければいけない一方、若手人材は10年後というタイムリミットの中で、何とか上司から技術や知見を習得しようと様々なツールやBIM360を初めとしたクラウドを活用しながら努力しています。

似た状況の会社が業界にも数多く存在している中で、土木業界ではそういった状況をなんとかしようと「i-Construction」や「BIM/CIM」といった政策や生産性向上手法が展開されているものの、まだまだ生産性向上への道のりは長いと考えています。

弊社では若手社員自らがAutodesk RevitやCivil 3D、Dynamoを使用しつつ、BIM360の様々な機能を活用し、経験豊富な管理職や協力会社を巻き込みながら、国の基準に捉われない能動的なBIM/CIMを通じて、今後10年後を意識した企業DXや人材開発の試行錯誤を行いました。
また、Generative DesignやBIM360の様々な機能を活用したナレッジの脱属人化によって、「若手とベテランの差」に立ち向かっています。

このセッションでは、効率化を意識したManagementに特化した能動的なBIM/CIM=「Infra BIM」と名付け、それらによる企業DXの試行錯誤の数々と検証過程、変わりゆく時代に適応する変革の震源地となる次世代人材の育成法設計について、今後の10年後を背負う若手の立場からご提案致します。

Key Learnings

  • 従来の土木設計手法に変わるワークフローをAutodesk製品で構築した例を紹介します。
  • Infra BIMにおける情報管理メソッドやModeling偏重のBIM/CIMから脱却する方法を紹介します。
  • Infra BIMマネージャーとなる人材を育てる為の試行錯誤や育成方法を提案します。
  • 産業人口減少化において一つの節目となる10年後に備え、「若手とベテランの差」をどのようにしてInfra BIMで乗り越えていくか、その試行例を紹介します。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント