Autodesk University
Industry Talk    CS500257
設備BIMにおける製造連携と工業化-最適化された施工と製造をめざして 
Autodesk University
Collapse Expand

説明

設備BIM導入による生産性の向上は多く議論されてきました。施工BIMの利用とその生産性の向上目指すためには、製造業との情報共有やワークフローの見直しが不可欠です。プロジェクト中心で生産される設備部材は生産コストが高くなるだけではなく、スケジュール、品質が安定しません。BIMというプラットフォームに製造業が関わることで、生産性の高い手法で施工検討を事前に行うことができます。更に、サブコントラクタにとって、BIMの導入はプレハブ化による建設業界を変革するチャンスであるという認識が高まっています。現場での建設から工業化された建設へと移行することで、プロジェクトは安全性、生産性、予測可能性の向上という恩恵を受けることができます。このセッションでは、設備業界における工業化の重要性とその背景、海外における工業化の流れをご紹介します。また、国内で始動しているオートデスクBIMソリューションであるRevitとFabricationCADmep、RevitAPIを活用したダクト業界のCAM連携を通し、ダクトだけではなく、配管、電気、配筋など共通して考えられる製造への連携を見出していきます。

Key Learnings

  • なぜ今建設において工業化が求められているのかを理解します。
  • 海外における設備BIMとその工業化の主流を理解します。
  • Revit及びFabricationCADmepを使用したBIMワークフローでかなう工業化について学ぶことができます。
  • 国内におけるRevit-CAM連携の取り組みを理解し、その可能性を知ることができます。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント