image.jpg
Industry Talk    BLD500059
事業主がビジネスに主体的に利用する「やさしいBIM」について
image.jpg
Collapse Expand

概要

日本でのBIMは設計者/施工者のモノづくりのためのという意味合いが強い。令和2年度から始まった国土交通省のBIMモデル事業でも、発注者の業務効率化に対して着目している通り、発注者が主体的に利用していくべきと位置づけが変わりつつある。適正に建設プロジェクトをコントロールするためにBIMをどのように利用していくか、また、どういったBIMが必要かを事業者の代行業務を幅広く行ってきた日建設計コンストラクション・マネジメント(NCM)が、事業者でもプロジェクトをコントロールできる「やさしいBIM®」という概念を作り出しました。NCMがどのような志でBIMについての開発を行っているか、今後の建築に関わる全てのプロジェクトでBIMを有効に利用していくためにどのような視座が必要かを紹介します。

マイラーニング

  • 発注者によるコストコントロール
  • BIM-FMについての理解
  • 竣工情報のデータ構造の構築
  • 運用情報のデータ構造の構築

スピーカー

close
Transcript

ダウンロード

クラスを共有

コメント