image.jpg
Industry Talk    AS500401
病院実例における維持管理までのワークフローを含めた効率的なBIM活用の検証
image.jpg
Collapse Expand

説明

医療施設の設計では、諸室の仕様や法規制などの与条件が多いこと、ステークホルダーが多数で合意形成までに多くの時間を要することが特徴です。また、用途の特性から設計内容が複雑になりがちであり、意匠-構造-設備間での納まり調整不足や引き継ぎミス、それに起因するトラブルが起きやすい点も特徴として挙げられます。更には開院後のメンテナンスは元より、大型医療機器の入替や増改修も頻発します。これら医療施設設計や運用における様々な課題は、BIMが持つデータベースとしての特性をうまく用いることで改善される可能性があります。
そこで我々は、約3万 ㎡の新築の病院実例を対象に選定し、その実効性を検証しました。RevitとExcelを連携させた医療機器や設備諸元との情報連携、FORGEカスタムBIMビューワーを用いた情報検索やビジュアライゼーション、情報伝達の履歴管理等を実践しています。その中でも特に、Non-BIMユーザーを意識したBIMデータの活用手法と関係者の関わり方に注目し、医療施設における設計BIM・維持管理BIMのエントリーモデルのあり方を探り、BIM導入のハードルを下げ、広く一般的な普及の一助となることを目指しました。
※「令和2年度国交省BIMモデル事業」の発表内容をより詳細に解説します。

Key Learnings

  • Non-BIMユーザーを意識したBIMデータの活用手法と関係者の関わり方の解説
  • BIMデータマネジメント・ライフサイクルコンサルティング業務のあり方の定義
  • 医療施設における設計BIMの活用手法や効果の検証
  • FORGEを使用した維持管理BIMエントリーモデル作成

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント