AU Class
AU Class
Class - AU

3Dデータを活用したデジタルエンジニアリングによる設計開発

Share this class
Search for keywords in videos, presentation slides and handouts:

    Description

      Autodesk Inventorでモデリングした製品の3Dデータを活用し、CAEや3Dプリンティングによる製品設計の最適化を図るデジタルエンジニアリングの適用事例をご紹介します。 自動車産業では環境問題を背景とした燃費改善の取組として、軽量化も重要です。例えば、自動車の燃料や冷却水の配管も金属配管から樹脂配管への移行が進んでいます。しかしながら、樹脂は金属に比べて強度面に劣ることから、信頼性の高い設計が求められます。そこで、樹脂配管部材の設計を3Dデータより構造解析、3Dプリンタによるモックアップでの強度評価を実施することで、最適かつ信頼性の高い設計を実現することが可能となると共に、従来樹脂成形で必要とされる金型を作成する前の段階でフロントローディングを実施し、開発期間の短縮や開発コストの大幅な削減を実現することが可能となりました。

    Key Learnings

    • 3Dデータを活用する設計開発手法
    • Autodesk Inventorでモデリング
    • CAEや3Dプリンティングによる製品設計の最適化を図る
    • デジタルエンジニアリングの適用事例