image.jpg
Panel    CES472880
日本のインフラ事業におけるBIM/CIM活用の正しいあり方について
image.jpg
11月 19 @ 9:30 午後
Live Classroom Q&A
Collapse Expand

説明

2012年から始まった日本のインフラ事業におけるBIM/CIM活用は、2023年の完全実施に向けて2020年大きく舵を切った。いままでは実施してきた事例を含め、多くの課題を整理するにとどまっているだけであったが、2020年から2023年の3年間で実際にできることを具体的に落とし込み、2023年からはインフラ工事におけるBIM/CIM活用を原則実施という流れになる。 後3年で我々業界全体として、BIM/CIMツールの「価値」を再認識し、その「価値」を誰がどのような形で得られるようにすべきか、その「価値」は今後の日本のインフラ事業においてどのような「成果」が生まれてくるのかを、再度、今、振り返り、2023年にむけた大きなロードマップを議論したい。 これらを推進するために、建築分野のエキスパートを始め、土木分野のエキスパートを集め、BIM/CIMの「価値」の再定義と、その「価値」を使うことにより「成果」が我々業界としてどう受け止めていくべきかを公開の場で議論したい。

Key Learnings

  • BIM/CIMが業界にもたらす「価値」は何か
  • 「価値」として具体的な事例を挙げて、調査、設計、施工、メンテナンス、という建設ライフサイクルでその価値をどうやって「成果」として落とし込むか
  • その「成果」を業界全体もしくは日本全体としてどうやって受け入れるのか
  • 受け入れた後、日本は今度どのような状況になっていくのかというロードマップを議論したい

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント