image.jpg
Industry Talk    CS472697
Dynamo・BIM360Designを活用したRevit施工図の作成手法/ RevitとxR連携手法
image.jpg
Collapse Expand

Description

施工図に特化した会社がどのようにRevitと戦い、更にはDynamoやRevitAPI、を利用して建築デジタルを真剣に取り組んでいるかをご覧いただきたいです。また、今回は以下の事例をご紹介したいと考えております。 ・Revitでの施工図作成の効率化を目指すべく、会社組織をどのように作ってきたか。 ・高度な作業が可能なBIM技術者、Revit技術者の効率的な育成方法 ・BIM施工図の活用方法(躯体図をRevitで作成→コンクリート積算における施工検討方法(RevitAPIの紹介)や自動型枠生成(Dynamo)、躯体パラメータ利用による鉄筋モデル自動生成(Dynamo)) BIM施工図の活用方法(平面詳細図をRevitで作成→工事進捗管理アプリとの連携(iPadアプリ)仕上げ積算やLGSプレカットへの連携) ・BIM360Designを導入し現場とコラボレーション連携をスムーズに行っている事例。 ・Revit内で干渉チェックを行っている事例(Dynamo) ・RevitからUE4、xRへ連携、xR内で編集、Revitへ自動連携した事例

Key Learnings

  • Revit施工図作成におけるDynamoの活用方法
  • BIM360Designにおける Revit施工図作成フロー
  • BIMデータの連携の手法(xR連携)
  • BIMデータの連携の手法(CGレンダリング連携)

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

Comments