image.jpg
Autodesk Product Briefing    CES500204
AEC CollectionとInventorの連携による新しいワークフロー
image.jpg
Collapse Expand

説明

建築・土木向けのプロダクトパッケージである「AEC Collection」に含まれる各製品と、3D機械設計CADの「Inventor」を連携させることで、新しいワークフローの可能性が生まれます。また、土木構造物に付帯する機械設備に関しても、BIM/CIM活用の機運が高まっており、土木構造モデリングにおけるInventorの役割が大きくなっていくことが予想されます。 RevitモデルとInventorモデルを相互連携することで、樋門のゲートや鋼橋の上部工などの詳細度の高いモデルを効率的に作成することが可能です。また、InventorモデルはInfraWorksのパラメトリックパーツとして利用することができ、橋梁・トンネルなどの構造物を詳細かつ直感的に作成できるようになります。 「PD&M Collection」(製造業向けプロダクトパッケージ)には、Inventorに統合された有限要素解析ソフトウェア「Inventor Nastran」が含まれており、Inventorで作成したモデルを直接FEM解析に利用することができ、設計用モデリングと構造解析の連携性を高めます。 本セッションではAEC CollectionとInventorを連携した活用例を紹介し、土木構造物モデリングの新たな手法をご提案します。

Key Learnings

  • Inventorの特徴を理解する
  • AEC CollectionとInventorの連携方法を理解する
  • 様々な土木構造物のモデリング手法を知る
  • Inventor Nastranによる設計モデリング・解析連携を理解する

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント