image.jpg
Autodesk Product Briefing    CES500202
あなたの作業がもっとラクになる! - Dynamo に Generative Design を添えて -
image.jpg
Collapse Expand

説明

Generative Design は、人間とコンピューターが協調して行う設計プロセス、のことを指します。従来の設計プロセスでは、設計案の作成も評価も全て人間が行います。これにより、検討する設計案の量や質に制約が生まれてしまいます。一方で Generative Design を用いた設計プロセスでは、設計案の作成に必要なパラメータ(入力値)と、設計案を評価する定量指標(出力値)を人間が設定し、コンピュータが「よりよい設計案」を自律的に探求しながら、人間と協業して設計案を絞り込んでいきます。これにより、より革新的な設計案をより短時間で導き出すことが出来るようになります。 弊社の AEC 系のソリューションの中では、Revit 2021 から Generative Design が使用できるようになりました。一般的に公開されている事例は Revit を活用した建築向け Generative Design の事例が多く、土木設計で Generative Design がどう使えるのか、想像がつかない方が多いかもしれません。そこで本セッションでは、弊社の AEC 系ソリューションにおける Generative Design の概要に加えて、土木設計で使える Generative Design の例や、Generative Design を Civil 3D と組み合わせて使用する裏ワザをご紹介します。また、土地造成に特化した Generative Design とも言える、Civil 3D 2022 上で使える Grading Optimization に関しても、その概要を解説します。

Key Learnings

  • Generative Design とは何か? Dynamo とどう違うのか? を理解する
  • 土木設計で Generative Design をどう活用できそうか? を把握する
  • Revit (や Civil 3D) の中で、どう操作すれば Generative Design が使えるか? を理解する
  • Grading Optimization とは何か? を理解する

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント