AU Class
AU Class
Class - AU

Revitファミリ+プレゼンなどに活用できるレンダリング機能 を提供するRevitアドオン[Arch-LOG]の活用事例

Share this class
ビデオ、プレゼンテーション スライド、配布資料のキーワードを検索する:

    説明

    プロジェクトを進めるためには多数のファミリが必要になり、その製作に多くの時間が使われていると思います。 また、作成するファミリの詳細度をあげると外観が実物に近くなる反面、プロジェクトデータを重くする要因にもなります。 Arch-LOGのRevitアドオンを使用することで、これらの問題を解決し、かつプロジェクトをスムーズに進めることができる機能を紹介します。 今回はサンプルモデルを使用してご説明いたします。サンプルモデルに家具や照明の配置、壁紙などのマテリアルを設定して、クラウドレンダリングする手順を学習します。 Arch-LOGのファミリは、シンプルな形状としているためデータサイズは小さく、プロジェクトデータのデータサイズ増加を最小限にします。 また、レンダリングしたデータはアドオンの機能により、高精細モデルをクラウド上でレンダリングするため、データサイズは小さいにも関わらず、ほぼ実際の質感の状態でリアルに再現することができます。 プロジェクトへの負荷を最小限にすることでモデリングをスムーズにしつつ、リアルなレンダリングイメージを提供することができるため、建築関係者でない方へも建物のイメージ共有を容易にすることができるメリットがあります。

    主な学習内容

    • 1. 部屋に使用するファミリと、仕上げ材(マテリアル)を選定し、ダウンロードします。
    • 2. 部屋にファミリの配置と、仕上げ材(マテリアル)を設定します。
    • 3. 視点(立ち位置)を設定して、レンダリングを実行します。
    • 4. レンダリングデータを関係者に共有します。

    タグ

    製品
    業種