image.jpg
Autodesk Product Briefing    TR472832
さらに進化したFusion 360ジェネレーティブデザインと機能開発ロードマップ
image.jpg
Collapse Expand

Description

昨今ますます注目を集めるジェネレーティブデザインを活用した新たな設計手法は、今後も開発を重ねながら、使い勝手、良質な計算結果、より豊富な条件指定、AIを交えた結果形状の提案、などが皆様の設計を強力にサポートします。従来の設計ではなかなか導き出すことが困難であった、多種多様な設計案を提示することで、可能性の幅を広げながら、製造性、量産性なども加味した上で、短時間で最適な設計を行うことを可能にします。具体的なジェネレーティブデザインの活用領域は、一般的な軽量化だけにとどまらず、設計プロセスの効率化、コストダウン、体積の収縮、パーツ数の削減、生産ラインの改善など、単なる形状生成の枠を大きく超えた効果を企業にもたらすことができます。 本クラスを受講いただくことで、現在業界をリードしている、Fusion 360 ジェネレーティブデザインの基礎知識をご理解いただくと共に、現在皆様が業務において直面している、様々な課題を解決するためのヒントとしいただくことができます。クラスでは、ジェネレーティブデザインの機能開発ロードマップを中心に、ジェネレーティブデザインの適用事例、並びにその使いどころについても解説いたします。

Key Learnings

  • ジェネレーティブデザインを中心とした、課題解決のための新たなアプローチを学んでいただくことができます。
  • リアルな事例を元に、ジェネレーティブデザインの最適な使いどころについてご理解いただくことができます。
  • 今後予定されている機能アップデートを知ることで、製品の開発方向性を知り、新しい可能性を感じていただくことができます。
  • コンピューターとクラウドによる、新たな設計手法を自社に導入するための理解を深めていただくことが可能です。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

Comments