image.jpg
Instructional Demo    IM500090
InventorとFusion 360ユーザーのためのリバースエンジニアリング~ CAD図面のない複雑な形状の部品製作を簡易に実現する手法のご紹介
image.jpg
Collapse Expand

説明

工場の設備や重機/運搬機の構造部品等には、特定の施設やモデルのための一品一様のカスタム製品であったり、すでに保守パーツの提供期間が過ぎ、3D CAD図面もないケースが多く見受けられます。
しかし、これらの部品や保守パーツを製作するリードタイムとコストを考えると正規のリプレース部品の調達がはばかられます。発注、取り寄せ、組付け、および稼働試験には数日間から場合によっては数週間と多くの時間と手間がかかり、正規のリプレース部品が入手できなければ周辺部品や、該当設備の総入れ替えや、その回避によって生じる運用品質と安全性の棄損の原因となることがままあり、予期せぬ修繕や保守費用の発生などにつながります。そこで多くの現場では正確な複製品をリバースエンジニアリング手法により作成する事例が増えています。
本セッションでは、3Dスキャナーを利用してCAD図面のない保守部品や構造物のデータを現場でデジタル化する際に克服しなければならないポイントや、InventorおよびFusion 360でのデータのエンティティ化の作業手順について、デモ動画を交えてわかりやすくご紹介し、リバースエンジニアリングにおける課題の解決方法を提示いたします。

Key Learnings

  • リバースエンジニアリングにおける課題を定義し、解決のためのポイントを理解します。
  • 紙図面しかない現場で、3次元データ化への取り組み方法を学びます。
  • スキャンした3Dデータの図形定義を設定、不要部分を削除して表裏合成の処理を施します。
  • InventorおよびFusion 360により3Dスキャンデータの詳細構造を定義し、エンティティ化を実施します。

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント