image.jpg
Industry Talk    PM473593
FusionとForgeを用いたCNCツールパスの最適化。IoTによるリアルタイムでの製造データ収集のデモ
image.jpg
Collapse Expand

Description

このセッションでは、アルミを加工するホビークラスCNCルータのリアルタイムの製造データ(切削熱)を収集し可視化をする例を用いて、デモを行います。 切削ツールと対象の温度は切削効率とツールヘルス状態の直接的な指標です。 ビジュアルにマップされた温度は、ノーマルチップロードを実現するためのスピード、フィード、切削の深さなどの検証と最適化の提案に役立ちます。 本デモは、そのまま実運用に適用できるソリューションではありませんが、Autodesk Forgeを用いたクラウドおよびIoTの製造ソリューションへの活用の可能性をご覧いただくことが出来ます。

Key Learnings

  • Forge APIを用いた、埋め込みデバイスセンサーデータの可視化
  • Autodesk Viewerを用いたFusion設計データの対話
  • プログラミングによるESP32/Arduinoコントローラデータの収集とクラウドサービスへの送信
  • 製造におけるIoTの可能性と価値の理解

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

Comments