image.jpg
Industry Talk    CES500218
我々のパイプラインの仕事は、データの連携を行うことで将来のどのように変わるのか
image.jpg
Collapse Expand

説明

業界の何度も同じデータを入力する面倒から解放する。自動化の島(アプリケーション同士のデータが孤立した島のようになる状態)を解消したい。歴史あるAutoCADをプラットフォーム的に使うことができるのか。BIM/CIMツールが設計業界にもたらすメリットは?他のアプリケーションとどこまでデータ連携できるのか、「繋げる!」を、試す。 データの大量消費から脱却し、必要なデータを必要な様式で貯めることによって、リニューアル設計から建設サイクルの自動化の可能性を探る。 何が必要なのか。私たちが楽にクオリティを上げるためには。データ化とデジタルトランスフォーメーションの違いは?

Key Learnings

  • 属人的な作業を削減する手法を構築します
  • 資料収集の手間と情報欠損の問題を解決します
  • 各企業体のデータをどのように取り込むかを検証します
  • 建設サイクルで必要な属性を評価します

スピーカー

close
Transcript

タグ

クラスを共有

コメント