image.jpg
Industry Talk    MFG500130
工場の現場から挑む、デジタルと3Dプリンタを活用した治具・補助具等の改善プロジェクト
image.jpg
Collapse Expand

説明

本クラスでは、大和ハウス工業が九州工場で取り組んだ改善プロジェクトについて、インタビュー形式でお伝えします。

改善プロジェクトが解決すべき課題は全部で3つ。
1.外注作成における納期・コスト管理
2.設計データ管理
3.図面の3次元化
大和ハウス工業では、いかにして現場で日々発生する問題や、改善が必要な課題にチームで向き合い続けたか? また改善案についてどのように議論を重ねたのか?デジタルツールと3Dプリンティングを活用しながら試行錯誤を重ねたことで、コストや納期、品質、工数をどのように改善することができたのか?などのトピックについて、その試行錯誤のプロセスを交えながらお伝えします。

本クラスを受講される皆様におかれましては、次の日から取り組むことができる技術や、マインドセット、また取り組み方について、ご注目ください。そして本クラスに登場するさまざまなハードウェアやソフトウェアによる改革プロセスにも耳を傾けてみてください。ものづくりは与えられるものではなく、自ら切り開くことでこそ、真にご自身の技能を発揮し、輝くことができることを示す、素晴らしい事例です。

Key Learnings

  • デジタルツールの活用による納期短縮・コスト削減・品質改善効果の導き方
  • クラウドを活用したコラボレーションによるデータ管理方法、それによって生み出される効果
  • 2次元と3次元の併用ポイントを抑えることで得られる新しいワークフロー
  • 3Dプリンティングを活用した圧倒的な時間短縮設計プロセス

スピーカー

close
Transcript

クラスを共有

コメント