image.jpg
Industry Talk    AS472886
日本初高層純木造耐火建築物の設計におけるBIM活用と建設へのデジタル連携の構築
image.jpg
Collapse Expand

Descripción

Revitを用いた建築設計手法及びファブリケーションへのデジタル連携手法。 日本初の高層準木造耐火建築物の設計をRevitワンモデルでコーディネーションしている。 柱、梁を構成する木加工は接合部分のユニット化を行い、材料加工、施工立て方での効率化を追求している。ユニット化された架構のRevitファミリーを作製してファブリケーションへ引渡して更なる詳細化、部材情報、必要パラメーターの追加を行い加工機までデジタルで連携している。ユニット材料制作図の確認においても構造設計情報と制作モデル情報をCSVで比較して確認、承認を行っている。 デザイン検討においては壁、天井形状検討ではダイナモを利用してパラメトリックにデザインして効率を高めている。 確認申請の電子申請及び事前申請で360DocsによるRevitモデル活用を行い確認申請手続きの効率化を図っている。 木材情報管理を含めた建物維持管理においてもRevitモデル情報を活用した当社維持管理システム「BIMWill」を運用する予定としている。

Key Learnings

  • Revitを活用した建築設計
  • RevitによるDFMAの構築
  • Revit設計モデルの生産デジタル連携
  • Revitモデルの建物維持管理への活用

Oradores

close
Transcript

Compartir clase

Comentarios